ベータグルカンの価格

βグルカン本舗へ

ベータグルカンは1万円以下で購入するべきです。少なくとも初回の購入では、最も安い単価の商品を試してから、お徳用の商品を検討しても遅くはないはずです。

ベータグルカン(βグルカン)は比較的高価な健康食品/サプリメントです。 だからこそ、内容品質と価格をしっかりと比べて購入する必要があります。

大切なことは、同じベータグルカンの含有量であれば安い方が良いということ。(もちろん信頼性・安全性が確保されている大前提で)

具体的には、購入単価としては最高品質のベータグルカンでも1万円以下で十分に購入が可能です。当然、内容量の大小によっても価格は上下するものの、常識的には販売されている1単位は通常の使用で1ヶ月程度分にパッケージされているはずです。

ハナビラタケベータグルカンでも、黒酵母ベータグルカンでも、パン酵母ベータグルカンでも 殆どの製品は30~60粒もしくは袋が販売される1単位となっているでしょう。

ベータグルカンの健康食品/サプリメントは、高額商品が多いために、月額10万円、20万円の請求額になる製品が多く存在しますが、金額と内容品質が吊り合うことは無いと見るべきです。初回から大量購入を薦める販売店は敬遠するのが無難です。

世界で最も売れているベータグルカン・サプリメント健康食品は、「パン酵母ベータグルカン」です。日本で多く宣伝を目にすることが多い、ハナビラタケやチャーガや冬虫夏草は、アジアのごく一部で大量の宣伝のある地域だけのローカルな存在なのです。過去のアガリクスも、最近流行しているハナビラタケも同様に、原材料が高いから、希少性が高いからではなく高い価格の商品の方が良いとの思い込みと勘違いを悪用されているのです。

常識的に考えて、食品が3万円も5万円にも高騰することは異常であり、疑う余裕を持ちたいものです。

1万円未満でも必要十分に、最高レベルのベータグルカンを購入することは可能です。

『オルタスβグルカン85』なら、世界最高純度のベータグルカンが、常識的な世界標準価格=1万円以下で購入できるのです。

次のページヘ »

βグルカン選びの秘訣 |