ベータグルカンの安全性

ベータグルカンは無害です。当然に副作用もありません。

健康食品に限らず食品の安全性は、食するようになってからの年月と食した人の数に比例して、安全性が高まります。

長い期間に、多く人が利用した健康食品はその歴史が利用実績となって、ますます成果が増えるのです。販売開始からまだ日が浅い商品にトラブルが頻発するのは、不適合なケースが完全に洗われていないために発生します。

一方で、品質の低い品物や、品質に見合わない高額品は、時間とともに淘汰されます。

「副作用が有ります」と売っている健康食品は無いのです。つまり買う側が副作用の危険性をある程度は測って選ぶ必要があります。最も副作用が出る原因の一つにはキノコ原料の健康食品に頻出する重金属による副作用が有ります。栽培する土壌の汚染物質を吸収したキノコが、ほぼそのままに製品に反映されてしまっているために出る不具合です。

世界最高純度のベータグルカン健康食品

副作用を避けるために最も確実なのは、主成分以外の副作用の原因となることの多い不純物を精製して除去することが有効です。ベータグルカン(βグルカン)の健康食品であれば、キノコ原料の製品は精製が省略されているものの、パン酵母由来のベータグルカン製品であれば不純物は精製されて除去されています。

この辺りが安全安心なパン酵母ベータグルカンとその他の不安感のあるキノコ系ベータグルカンとの決定的な安全性の差となっています。

世界最高純度85%以上の品質が実現されているパン酵母抽出ベータグルカン『オルタスβグルカン85』ならば、副作用の心配の無く、超高純度ベータグルカンが安全に効率良く摂取できます。

次のページヘ »

ベータグルカン比較の大原則 | ベータグルカンの安全性