ベータグルカンは成分内容で比較

ベータグルカン健康食品は、内容成分としてのベータグルカン(βグルカン)が多く入っている商品を選ばねばなりません。 商品全体に何ミリグラム含まれているかと、その価格との比較で選択するのです。

具体的には、100gあたりのベータグルカンの含有量で比較するのが一般的でしょう。黒酵母ベータグルカンでは0.5~1g、ハナビラタケなどのキノコ系のベータグルカン健康食品では5~40gと半分以下です。しかし、パン酵母ベータグルカンでは20~85gもベータグルカンが入っています。

このようにパン酵母ベータグルカンは、不純物が殆ど無く大部分がベータグルカンであるために、呼称が「ベータグルカン」となっていることが多いのです。

成分が多くても、価格が高いようでは無意味です。逆に成分が少なくても、安ければ評価できます。

世界最高純度のベータグルカン健康食品

残念なことに黒酵母ベータグルカンは、ベータグルカンが少ないにも拘らず1~2万円と非常に高額です。ハナビラタケなどのキノコベータグルカンも、相当量のベータグルカン量を確保するには2~3万円を請求されてしまいます。高純度ベータグルカンの代名詞となっているパン酵母ベータグルカンに関しては、3~6万円が相場でした。

最も良いのは、ベータグルカンが沢山入っていて、価格が安い商品であることは明白なのですが、そのような商品は無かったのです。

しかし、今や100gの85g以上がベータグルカンである最高純度のベータグルカンが1万円以下で買えるようになりました。それが『オルタスβグルカン85』です。

現代に流通しているベータグルカン成分を含む健康食品では最も多くベータグルカンを含みつつ、最も求めやすい価格設定で人気を博しています。

「機能性成分のベータグルカンを買う」という発想で科学的に比較検討すると、『オルタスβグルカン85』の品質の高さと価格の安さは際立っていると言えるでしょう。

次のページヘ »

ベータグルカン比較の大原則 | ベータグルカンの成分