ベータグルカンは吸収性で比較

ベータグルカンの吸収率は、ベータグルカンの純度と絶対量で決まります。純度の高いベータグルカンを大量に摂るほど、ベータグルカンを体内へ吸収させることができるのです。

ベータグルカン(βグルカン)は小腸でマクロファージに接触捕食されることで体内へ吸収されます。他の栄養素のように水に溶けたり、油に溶けたりして吸収されるのではないのです。剥き出しのベータグルカン分子をマクロファージが吸収する様子を、米国の研究者が写真撮影にまで成功して証明しています。

このことから、ベータグルカンの吸収に関して日本でだけ広められている"水溶性ベータグルカン"という非科学的な宣伝が無意味であり、その優位性の説明が風説/デマだと解ります。

経口摂取したベータグルカンを体内へ吸収するためには、ベータグルカンの分子をなるべく多くマクロファージに接触させる必要があるため、一定量以上のベータグルカン摂取が不可欠なのです。

世界最高純度のベータグルカン健康食品

一方、ベータグルカン分子とマクロファージが直接に接触するためには、製品に含まれている不純物(タンパク質や脂質)は障害となります。ベータグルカン分子がタンパク質や脂質に覆われてしまうと、ベータグルカンとマクロファージが接触できず、吸収されないためです。これは害にはなりませんが、いわゆる「モッタイナイ」現象です。ベータグルカン健康食品の中でもキノコ系原料の製品には不純物が多いために、このような非効率な現象を起こす問題を最初から内包しているのです。

ベータグルカン(βグルカン)が水だけで食間に飲むことを薦められるのは、上記のように不純物との混濁をなるべく回避することで吸収率を高めるためです。これは、低純度品から高純度品まで変わらない大原則だと言えるでしょう。

パン酵母ベータグルカンのような高純度ベータグルカンでも食事と近い時間帯の摂取は効率が低下してしまうのです。ベータグルカンが元来少ないハナビラタケなどのキノコ原料や黒酵母ベータグルカンのような低純度品は摂取方法を誤って食事と近い時間帯に摂ったりすると、まったくベータグルカンが機能せず無駄になるような事態も起こりえます。

製品選びの時点で、不純物が少なく=ベータグルカン純度が高く、ベータグルカン(βグルカン)の絶対量が多い製品を選び、食間に水だけで摂取することでベータグルカンの吸収効率は最大化できるのです。

世界最高純度の『オルタスβグルカン85』は、不純物を徹底的に精製除去し尽くしたベータグルカン純度85%以上の超高純度ベータグルカンです。 最高の効率でベータグルカンを摂取するために必要な最高の製品品質が実現されています。

次のページヘ »

ベータグルカン比較の大原則 | ベータグルカンの吸収性