ベータグルカンの最適な摂取量

βグルカン本舗へ

ベータグルカンの最適な摂取量は個々人で大きく違うので、まずは1日1粒程度から初めて、徐々に増量するのが良いでしょう。上限も個人差はあるものの、1回2, 3粒を1日2, 3回程度までが上限だと考えられます。

もちろん自身の体調と照らして、ベータグルカン(βグルカン)を増量するほどに良化するならば、上記の量を厳守する理由はありません。しかし、ベータグルカンだけで満腹感を感じる程の量は取り過ぎですので自重されたいものです。

ベータグルカンの健康食品を販売している多くの販売店では、大量摂取を薦めます。低純度でも高額の商品を大袈裟に売っている販売店ほどその傾向が強まるのは困ったことです。この理由は、大量摂取を薦める販売店の商品ほど、ベータグルカン純度が低く、ベータグルカンの量が少ないために、大量摂取しなければ一定量のベータグルカンを体内へ摂取できないのです。さらに悪いことに、顧客の弱みに付け込んで、売上のために押売的にまたは脅迫的に高額注文を強要する事例が多いようです。

高純度のパン酵母ベータグルカンであれば1粒2粒の少量の摂取でも、十分に大量のベータグルカン(βグルカン)が含まれています。キノコベータグルカンや黒酵母ベータグルカンならば満腹になる程に食しなければ、得られなかったベータグルカンが、わずか1, 2粒で遥かに大量に摂取できるのです。

世界最高品質のパン酵母ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』は、少量の摂取でも含まれているベータグルカンは大量なのです。

次のページヘ »

ベータグルカン比較の大原則 | ベータグルカンの最適な摂取量