ベータグルカン健康食品を最大効率化する方法

ベータグルカンと薬を合わせて飲むと?

ベータグルカン (βグルカン)は、病院からの処方薬や他の健康食品と同時に摂取しない方が、本来の機能性を維持できます。

化学的な性質で計るとベータグルカンは非常に安定な成分物質です。そのため、他の成分や薬品と作用反作用が発生することで引き起こされる「薬害」の心配は無いのです。FDAも認める「通常の一般食品」との位置付けなので、薬害を気にして食べ合わせに注意する必要も無く、安心して利用することができます。しかし、本来の目的であるベータグルカンの機能性の観点から考えると、他の食品を食べる直前や直後は避けた方が効率が高くなるのです。つまり他の食品を食べる直前や直後にβグルカンを摂取することは、害は無いものの、効率が低下するから非推奨なのです。

この理由は、他の食品に含まれているタンパク質や脂質がβグルカン分子を包み込んでしまうために、機能性を発揮できないベータグルカン分子が発生してしまうからです。『オルタスβグルカン85』に代表される高純度ベータグルカンでは、タンパク質や脂質を削ぎ落とす精製工程に時間と費用を掛けて、吸収効率を高めています。しかし、食事と近い時間帯にベータグルカンを摂取すると高純度化されたβグルカン分子が不純物に包含されて機能性が低下させられてしまうのです。これでは、超高純度ベータグルカンに含まれている純粋なβグルカン分子の多くの機能性が低下してしまうため、「モッタイナイ」ことなのです。

購入したベータグルカンを最大限に活用するなら、食事や他の健康食品の摂取に対して、最低でも30分間できれば1時間程度の間隔を置き、ベータグルカン単独で摂取することが最善なのです。

ベータグルカン健康食品を最大効率化する方法