ベータグルカン健康食品を最大効率化する方法

ベータグルカンには避けたい成分とは?

良いベータグルカン(βグルカン)健康食品とは、機能性成分βグルカンが多い製品です。貴重なお金を払うのなら、少しでも効率の高い製品を選びたいのは自然な欲求です。含まれている機能性成分ベータグルカンが少ない製品よりも多い製品の方が機能性が発揮される可能性が高いことは明らかです。

実は、βグルカンの効率は表示されている含有率の差以上に大きく異なることが指摘されています。含有率が40%の製品と80%の製品では2倍以上の効率差が出る可能性があるのです。

これは製品中に含まれているベータグルカンと水以外の不純物と位置付けられるタンパク質や脂質の働きによるものです。これらのタンパク質や脂質の成分が多いと、主目的であるβグルカンの機能性を邪魔してしまう危険性があるのです。

タンパク質や脂質が多く残存して含まれている低純度のβグルカン製品では、含まれているβグルカンが少なく、これはβグルカンの分子の数も少ないことを意味します。さらに残念なことは、これらの数少ないベータグルカン分子の多くが不純物であるタンパク質や脂質に包まれてしまっていることです。これではβグルカンの分子が小腸でマクロファージに直接に接触できる可能性が著しく下がってしまうのです。これは、二重の効率低下とも言えるほどの決定的な機能性の低下を招きます。

これが高純度のβグルカン製品の場合には、含まれているβグルカンが多いためβグルカンの分子の数も圧倒的に多いのです。さらに不純物が少ないために包まれて機能性を失うβグルカンも少なく、多くのβグルカン分子は綺麗ななままに露出して小腸へ到達できます。だから、多くのβグルカン分子が小腸でマクロファージに吸収されるのです。

このように、高純度βグルカンは、不純物が少ないことで機能性が阻害されることも少なく、少量の摂取でも機能性が効率良く発揮されるのです。

ベータグルカン健康食品を最大効率化する方法